セブ島留学ならCleverlearn学校 あると便利な物

セブ島留学ならCleverlearn学校 あると便利な物

■ 電子辞書 
ほとんどの生徒さんがが持ってきています。英英・和英・英和・類語などが入った多機能なものも出ています。

■ 目覚まし時計
朝8時から授業です。部屋には目覚まし時計はないので、なるべく持参してください。生徒さんのスケジュールによって開始時間も変わりますので、自分の時間割が出ましたらきちんとメモしておいてください。

■ デジタルカメラ
こちらは、勉強には関係はありませんが、留学生活中の生徒さん同士、先生、スタッフとの思い出を撮っておく事によって、日本に帰ってからもフィリピンでの『体験』や『出来事』を家族・友人達にも見せる事ができます。一番は自分の思い出づくりには是非いかがでしょうか。役立ちますよ。

■ 変圧器または充電池用充電器&電源タップ
フィリピンの電圧は220V/60Hで、日本の電化製品を使用する際には変圧器が必要です。現地でも買えますが、大きくて重く、持って帰るのは大変かもしれません。ドライヤーなどは探せば300ペソ(800 円)くらいから購入できます。コンセントの形は日本と同じですので変換プラグは必要ありません。 デジカメやシェーバー、ウォークマンなどは充電池が使えるものが便利です。充電器も忘れずに用意しましょう。

■ 音楽プレーヤー&録音機器
授業の録音は毎日の復習や、暇な時にお気に入りの音楽を聞いてリラックスするのにもいいです。ボイスレコーダーなど(自分の発音を自分の耳で聞く)。

■ クレジットカード&国際キャッシュカード
どちらか一方、または両方あると便利です。 Cirrus か Plus マークのついたカードなら、たいていのショッピングセンターでATMが使えます。一回の最大引き出し限度額が設置されているATMによっても違います。引 き出しごとに手数料のかかる国際キャッシュカードでは大きなお金を引き出すのに何度も手数料がかかってしまうこともあります。

■ 薬
フィリピン、セブ島は年間を通して暑いですが、レストランなど店内では冷房が効き過ぎている為&気候柄、冷たい飲み物をついつい飲みたくなるので、風邪を 引きやすくなります。なので風邪を普段から予防という事でうがい薬・イソジンはあるとかなり役立ちます。またお酒を飲む方は胃薬も重宝されます。それとやはりフィリピン料理ではあまりビタミンを摂る事が出来ないので、ビタミン剤があるといいです。

■ ノートパソコン
短期滞在の方は学校内で使えるパソコンだけでもいいかもしれません。長期滞在の方にとっては、勉強や情報収集、両親、友達との連絡にも役立ちますし、SKYPEをご利用されている方は、無料で通話が出来ますのでお金の節約にもなります。※SKYPE通話無料はパソコン同士での通話になります。

■ 勉強道具
日本語の基礎文法書、英単語帳などは初心者から中級者の方には必要な場面が多いと思います。文房具ですが、フィリピンでも購入は可能ですが、日本の物と比 べるとかなり質が落ちるので日本で購入して持参する事をオススメします。また管理人オススメの教材も紹介してますので、参考に見てみてください。

■ 水着
週末の土日に生徒さんと一緒にビーチに行ったり、小旅行した時にあると便利です。セブ島にきたらビーチに行かないともったいないので、持参する事をオススメします。もちろん現地でも購入可能ですが、安い物だと質が悪いです。

■ 100円ショップで購入出来る、水筒
こちらは、学校または、宿舎で水を無料で利用できますので、部屋に置いておくと便利です。現地でも購入可能ですが、当日からあると便利です。

■ 日本食(ふりかけ)
長期滞在される方には、かなり貴重な一品です。たかが、ふりかけ、されどフリカケ=日本食!!

※セブ留学に関する、質問、疑問、留学のお申し込みは、セブ留学問い合わせよりご連絡くださいませ。

※以下の準備リスト(PDFファイル)をクリックしますと、留学前準備と、あると便利な物で紹介しているリストが表示されますので、プリントアウトしてご利用いてくださいませ。